ここから本文です

NYダウ、2日連続で最高値更新

6/15(木) 8:15配信

朝日新聞デジタル

 14日のニューヨーク株式市場は、大企業で構成するダウ工業株平均が続伸し、2日連続で過去最高値を更新した。終値は前日よりも46・09ドル(0・22%)高い2万1374・56ドルだった。

 米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げは事前に予想されていた。ただ、物価指標が目標を下回っていることから、今後の利上げペースがFRBの想定より緩やかになるとの見方も出て、一部の株価上昇につながった。一方、原油の先物価格が1カ月ぶりに1バレル=45ドルを割り込むまで下落し、エネルギー関連株が売られて相場の重しになった。

 ハイテク株が中心のナスダック市場の総合指数は前日よりも25・48ポイント(0・41%)低い6194・89で引けた。(ニューヨーク=江渕崇)

朝日新聞社