ここから本文です

石川、セリエAほぼフル参戦へ!中大監督「今回は本格的な形で」/バレー

6/15(木) 7:00配信

サンケイスポーツ

 バレーボール男子日本代表のエース、石川祐希(21)=中大=が今秋、イタリアプロリーグ・セリエA、ラティーナで再びプレーすることが14日、分かった。石川が中大バレー部のフェイスブックで喜びを語った。

 「今年もラティーナでプレーすることになりました。とてもうれしく思います」

 2016年12月、ラティーナで2年ぶり2度目のセリエAに挑戦。シーズン途中の合流に加え、けがで出場できない期間もあったが、モデナに短期留学した14年の約3倍のセット数に出場し、手応えを得た。

 「今回は、さらに本格的な形で行かせたい」と中大の松永理生監督(35)。10月のシーズン開幕に合わせ、日本代表の活動が終了する9月下旬から10月上旬にも合流する。その後、11月27日開幕の全日本大学選手権で一時帰国するが、秋季関東リーグは免除。ラティーナにはほぼフル参戦で、活躍次第では来年3月の卒業後もプロとして所属できるよう契約を進める方針だという。

 昨季の挑戦後に「海外(でのプロ活動)は視野に入っていますし、そうできるようになってきた」と話していた石川。「昨シーズンより頑張りたいと思うので、応援よろしくお願いします」。イケメンエースが本格的に世界に羽ばたく。