ここから本文です

<本因坊戦>文裕3連勝で第4局 右下で競り合い

6/15(木) 10:57配信

毎日新聞

 本因坊文裕(もんゆう)(28)=井山裕太九段=に本木克弥八段(21)が挑戦、文裕が3連勝して迎えた第72期本因坊決定戦七番勝負第4局(毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛、みやこ町実行委、QTNet共催)が15日、福岡県みやこ町のサン・グレートみやこで始まった。文裕が6連覇を果たすか、本木が奪取に望みをつなぐか。先番は本木。

【本因坊戦棋譜・動画】井山防衛か、本木巻き返すか

 県北東部に位置し、豊かな自然、田園風景が広がる同町。対局室は、図書館やホールなどが入る総合文化施設内にある和室だ。

 本木、文裕の順に入室。立会の大竹英雄名誉碁聖が午前9時、「始めてください」と声を掛け、本木が右上隅に第1着を打ち下ろした。

 午前中から前傾姿勢を保ち続ける本木。文裕は背広を脱ぎ、腕組みをしながら盤面を見つめる。早速、右下で石が競り合い、あまり見られない形が現れた。文裕の白22に対し本木が熟考、黒25まで反発する手段を選ぶと、今度は逆に文裕が熟考した。その後、方針が決まったか、パタパタと手が進む。【最上聡】

最終更新:6/15(木) 12:29
毎日新聞