ここから本文です

〔東京外為〕ドル、109円台半ば=上値重い(15日午後5時)

6/15(木) 18:00配信

時事通信

 15日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、米長期金利の戻りが鈍く、上値が重い展開となった。午後5時現在は、1ドル=109円50~52銭と前日(午後5時、110円18~18銭)比68銭のドル安・円高。
 早朝は、モラー米特別検察官がトランプ大統領による司法妨害の可能性について捜査に着手したとの一部報道で109円20銭台まで下落した。仲値にかけて、「五・十日」による国内輸入企業のドル買いで、109円80銭付近まで上昇した。その後、株価下落を眺め、109円50銭前後まで水準を切り下げた。午後は、米長期金利の戻りの鈍さを眺め、109円50~70銭台でもみ合う展開となった。
 FOMC後の動向について、市場では「前日の物価指標などの弱さで急低下した米長期金利がFOMC前の水準まで戻れば、ドル円も110円前半まで戻る可能性もある」(外為仲介業者)との声が聞かれた。
 ユーロは、対円で下落、対ドルで小動き。午後5時現在は、1ユーロ=122円58~58銭(前日午後5時、123円49~50銭)、対ドルでは1.1194~1194ドル(同、1.1209~1209ドル)。

最終更新:6/15(木) 20:27
時事通信