ここから本文です

田口豪語!V6防衛後に統一戦を 「これをクリアして田中恒成君と…」

6/15(木) 6:04配信

デイリースポーツ

 「ボクシング・WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ」(7月23日、大田区総合体育館)

【写真】田中恒成の世界初防衛戦は判定勝ち

 ワタナベジムは14日、都内で7月23日に東京・大田区総合体育館でダブル世界戦を行うと発表した。WBA世界ライトフライ級王者の田口良一(30)が同級1位のロベルト・バレラ(24)=コロンビア=を迎え、6度目の防衛戦を行う。メインは東洋太平洋ミニマム級王者・京口紘人(23)がIBF世界同級王者のホセ・アルグメド(28)=メキシコ=に世界初挑戦する。

 指名挑戦者のバレラについて田口は「勝負強さがある。劣勢からKO勝ちしたこともあるし、スイッチするうまさもある」と警戒した。だが「これをクリアして(WBO同級王者)田中恒成君(畑中)と統一戦をぜひやりたい」とモチベーションはこれまで以上に高い。

 「KO勝ちが一番ですけど、判定勝ちでも内容がよければ」。鹿児島での走り込みキャンプを終え「試合で結果を出したい」と意気込んだ。