ここから本文です

松山・自民参院国対委員長「丁寧に審議進めてきた」

6/15(木) 9:40配信

朝日新聞デジタル

■松山政司・自民党参院国会対策委員長(発言録)

 (「共謀罪」の趣旨を含む)本法案は、国民の命または生活を守るために絶対に必要な法案だった。参院でも丁寧に分かりやすく審議を進め、会期内に成立させることができ、一定の役割を果たせた。

 与党としては極めて丁寧に審議を進めてきた。そんな中で突然、(野党から参院)法務委員長の解任決議案が出て、昨日は法相の問責決議案が提出されると。(野党が)自らの審議時間を放棄するようなことになってしまい、我々からみると、あらゆる手段を通じて、この法案を阻止、廃案にもっていこうという姿勢が明確なので、会期内に法案を成立させるためには、この選択が適当だったと思っている。(「共謀罪」法成立後、国会内で記者団に)

朝日新聞社