ここから本文です

中日・大野6回二死から3失点 まだ「後遺症」が…

6/15(木) 16:30配信

東スポWeb

 中日が日本ハム戦に延長12回の末に5―7で敗れた。打線は初回に4点を奪うなど主導権を握ったが、誤算は前回登板で涙の今季初勝利を飾った先発の大野雄大(28)だ。5回まで中田の本塁打による1安打1失点。だが、6回二死から突如として崩れた。2番・松本、3番・西川に連打を浴びて一、二塁とされ、中田に右中間を破られ2点を失い、1点差。さらにレアードに左前同点打、続く市川にも左前打を許したところで降板となった。

「二死を取ってから勝負を急ぎすぎました」とうなだれた大野。この突然の乱調には「9番、1番を抑えているわけだから2番はともかく3番(の西川)で切っておけば何てことなかった。本人は“焦った”と言っていましたが、焦ることはひとつもなかった」と友利投手コーチも首をひねるばかりだ。

 そんな大野について森監督は「打つ方が昨日の(逆転勝利の)流れで初回に気持ちよく4点入って、投手のほうも守る意識になっているのは見えた」と分析した。

「昔のウチの野球は守り勝つ野球。少ない得点をいかに守るかという野球だった。だから逆に大量点をもらうと投手が守りに入っていつもの投球ができないことがあった。大野はここまで1勝しかしていない。何とか借りを返さなきゃいけないと思うから余計に焦ったんだろう。あそこは2点やってもいい。そこまで楽に考えられなかった」(チーム関係者)

 前回登板でようやく初勝利をマークした大野だが、長く勝てなかった“後遺症”は1勝したぐらいではなかなか振り払えるものではないようだ。

最終更新:6/15(木) 19:08
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 10:50