ここから本文です

<英高層住宅火災>スプリンクラー建物内未設置 住人が証言

6/15(木) 11:13配信

毎日新聞

 【ロンドン矢野純一】ロンドン西部の高層住宅(24階建て、120室)で起きた大規模火災で14日、建物内にスプリンクラーが設置されていなかったことが住人の証言で分かった。ロンドン消防局は14日夕、12人が死亡、78人が負傷したと発表したが、この高層住宅には400~500人が住んでいたとみられ、犠牲者数がさらに増える可能性に言及した。英メディアは、消火設備が整っていれば、初期消火で犠牲者を減らすことができたと指摘している。

【写真特集】火災のあった高層マンション

 高層住宅の3階に住んでいたザムさん(29)ら複数の住人が毎日新聞の取材に、建物内にはスプリンクラーは設置されていなかったと証言した。建物の管理会社は電話取材に対し「コメントできない」と話した。

 英地方自治省は2006年の建物火災安全規則で、高さ30メートル以上の建物にスプリンクラーを設置するよう規定。だが、対象は新築の建物に限られ、1974年に建築され、火災が発生した今回の高層住宅は適用外だった。

 ただこの高層住宅については、備え付けの消火器の期限切れなど、防火設備の不備を住民有志の団体が何度も指摘していたことが明らかになっている。

 一方、英メディアは出火原因について、4階の一室にあった冷蔵庫の漏電との情報があると伝えた。メイ首相は14日夕、犠牲者に哀悼の意を表すると共に「適切な捜査を行う」と話した。

最終更新:6/15(木) 13:07
毎日新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ