ここから本文です

山口・公明代表「野党は自ら審議の機会を奪った」

6/15(木) 10:15配信

朝日新聞デジタル

■山口那津男・公明党代表(発言録)

 テロ行為などを防止することができるという点で(「共謀罪」法の)成立は大変よかった。質問の機会をつくったにもかかわらず、野党側は委員長の解任決議案を出し、自ら審議の機会を奪った。また、法相の問責決議案を出して審議を止めた。そういう姿勢の下では、委員会審議を続けることは困難だと判断せざるを得なかった。他党の質問をつぶす、妨害することは極めて理不尽。(中間報告は)やむなしとの結論になった。(成立後、国会内で記者団に)

朝日新聞社