ここから本文です

阪神・能見、西武・おかわりにやられた…香田C「粘り強くいって欲しかった」

6/15(木) 7:00配信

サンケイスポーツ

 (セ・パ交流戦、阪神2-4西武、2回戦、1勝1敗、14日、甲子園)警戒はしていた。だが、それを上回るパワーを見せつけられた。高々と舞い上がった白球が右中間スタンド最前列に着弾。マウンド上の能見は落下地点に視線をやり、微動だにしなかった。表情は変わらずとも、その姿から悔しさが伝わってきた。

 「いい打者が続くので、風も計算に入れながらだったんだけど…」

 浜風、打順、打者の能力。すべて頭のなかには入っていた。それでも、しのぎきれなかった。0-1の三回。二死から秋山、浅村に連打を許し、一、二塁とピンチを迎える。続く中村への初球だった。浜風を利用して打球の勢いを削ぐべく、右方向へ打たせようと外角に投じた130キロのシュートを、豪快なひと振りで右中間へと運ばれた。

 リードを広げられる14号3ラン。五回に打線が2点返しただけに、手痛い一発に。一回も二死から連続四球の後、中村に右前適時打を浴び、先制点を献上。香田投手コーチも「2アウトだっただけに、粘り強くいって欲しかった」と渋い表情を浮かべた。

 5回を4安打4失点で今季3敗目(2勝)。同コーチは「調子自体は悪くなかった」と言うように、毎回の9奪三振と低めの変化球はキレていた。通算奪三振数は「1333」となり、野田浩司(阪神、オリックス)、斎藤隆(横浜、楽天など)を抜き、歴代75位に立った。

 状態は悪くない。次は必ず、チームを勝利に導いてくれるはずだ。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 19:00