ここから本文です

インパルス堤下服用のベルソムラは「絶対に運転はしてはいけません」

6/15(木) 6:18配信

スポーツ報知

 お笑いコンビ「インパルス」の堤下敦(39)が14日午前2時30分ごろ、東京都狛江市東和泉の世田谷通りで車を停車し意識がもうろうとした状態で、警視庁調布署員に発見された。救急搬送され、同署で事情聴取を受けた。堤下は同日夕、都内で会見。運転前に睡眠導入剤を服用したといい「すべて僕の責任」と謝罪。運転中に眠くなり、発見現場までの約2キロ間の「記憶がない」と明かした。

【写真】猛省する堤下!

 医療ジャーナリスト・田中皓氏は「ベルソムラは約2年ほど前に認可が下りた、比較的新しい睡眠薬。副作用はないと一般的には言われているが、歴史も浅いため、まだどんな副作用が起こりえるかは完全には分かっていない」と説明する。

 また、堤下が入浴後に薬を服用した点も問題視。「通常、睡眠薬は眠る直前に服用する。入浴後は血流がさかんになっており、普段より(薬の成分の)吸収が早い。堤下さんの認識に誤算があったのでは」と指摘した。

 5月末には男子ゴルフの元世界ランク1位選手・タイガー・ウッズ(41)が薬物の影響下で車を運転した疑いで逮捕され、フラフラになった姿が世界に衝撃を与えた。ウッズは抗不安薬を服用していたと供述しているが、田中氏は「どちらも精神科系の薬なので類似性はあります」。医師は処方時に必ず、服用時の運転を禁じるように告げているといい「絶対に運転はしてはいけません」と呼び掛けた。

最終更新:6/15(木) 17:05
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ