ここから本文です

女優・野際陽子さん死去 “冬彦”佐野史郎が追悼「第二のお母さん」

6/15(木) 23:19配信

シネマトゥデイ

 ドラマ「キイハンター」「トリック」などで知られる女優の野際陽子さんが亡くなった。15日に各メディアが報じたもので、訃報を受け、ドラマ「ずっとあなたが好きだった」(1992)で親子を演じた俳優の佐野史郎はブログに追悼の言葉をつづった。

【写真】「トリック」出演者たちと野際さん

 1936年生まれの81歳だった野際さんは、NHKアナウンサーを経て1963年にドラマ「赤いダイヤ」(TBS)で女優デビュー。1968年から放送されたアクションドラマ「キイハンター」の津川啓子役で人気を博した。数々の映画・ドラマで活躍し、1992年の「ずっとあなたが好きだった」(TBS)で、マザコン気質の息子“冬彦”を溺愛する母親を演じて話題を呼んだ。

 野際さんの訃報に佐野は、ブログで「野際さん…ていうか、野際ママ。第二のお母さん」と切り出すと、「プライベートでも、かつてのドラマの共演者たちとたまには食事した。こないだ会ったばかりな気がするのに。インテリジェンスあふれる会話から、下ネタまで、楽しかったなあ。辛いそぶりなんかカケラも見せず…。なんだか実感がない」と胸中を吐露。

 一方で、「さっき坂井真紀ちゃんと電話で話しして、事実を受け止めた」と続けると、「野際ママ…身体はなくなっても、作品の中ではまだ生きてるよ。そういや、ドラマの中とはいえ、人生で最後にキスしたのが僕でゴメンなさい。野際陽子さん、本当にありがとうございました。安らかにお眠りください」と故人をしのんだ。

 「ガラスの仮面」(テレビ朝日)の月影千草や「トリック」(TBS)の山田里見など、印象的な役を務めた野際さん。今年も倉本聰が脚本を手掛けるドラマ「やすらぎの郷」に出演していた。(西村重人)

最終更新:6/15(木) 23:19
シネマトゥデイ