ここから本文です

サッカー=中国の習主席がFIFA会長と会談、「底上げを継続」

6/15(木) 10:12配信

ロイター

[14日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は14日、国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティノ会長と北京で会談し、中国国内でサッカーの底上げを図る取り組みを継続していくと誓った。

中国中央テレビは習氏が「中国とサッカー大国を比べると、一般的な水準にはまだ大きな差がある」と述べたと報じた。習氏はサッカーファンとして知られ、中国がサッカーの実力を向上させ、代表チームが再びワールドカップ(W杯)本戦に出場を果たして、いずれは優勝してほしいと願いを口にしていた。

中国は現在FIFAランク82位で、W杯は2002年大会で唯一の出場を果たし、予選リーグ3戦全敗で敗退した。2018年ロシア大会はアジア最終予選A組の最下位で、敗退が濃厚となっている。

なお、中国中央テレビがまとめた情報の中には、中国が招致をめざしているとされる2030年または2034年W杯に関する言及はなかった。

最終更新:6/15(木) 10:12
ロイター