ここから本文です

求む「週休3日」薬剤師 浜松の職業紹介会社がサイト

6/15(木) 11:00配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 職業紹介会社「週休3日」(浜松市中区)がこのほど、薬剤師向けの求人サイトを開設した。県内薬局で働く薬剤師の6割は女性だが、子育てや介護など家庭の事情と勤務体系が合わなくなって退職する人は少なくない。サイトは「1日8時間勤務、週休3日の正社員」など、柔軟な働き方ができる事業所の紹介に特化している。

 調剤薬局のフルタイム勤務の場合、週休2日実現のため、半日休み2日、完全休日1日も珍しくないという。慢性的な人手不足の採用競争で、給与は高騰しがち。週休3日の導入で給与は7~8割に抑えられ、同社の永井宏明社長(40)は「人件費の抑制と働きやすい環境の提供という労使双方のメリットが合致する」と指摘する。

 永井社長は老人ホームの施設長を8年務めた。従業員の勤務体系改善に努めた経験を元に昨年、同社を設立した。なるべく正社員のまま、休日増や勤務時間減に努力する企業を発掘し、求職者の要望に応えている。

 今年1月から同社サイトに、地元の医療、介護、福祉を中心とした求人情報を載せた。調剤薬局が柔軟な働き方の受け入れに前向きなことから、専用サイトを開設。県内約50件を含む全国の求人約270件を掲載し、8割が「1日8時間勤務、週休3日正社員」を掲げる。

 夫婦共働きで4人の子を育てている永井社長は、前職での経験も踏まえ「ワークライフバランスが崩れて生活が疲弊している状態では、仕事でも家庭でも人に優しくなれない」と力を込める。

 週休3日正社員の求人を出す「まごころ薬局」(袋井市)の大林学武常務は、「働き方の選択肢を増やすことで、従業員が納得して気持ち良く働ける環境にしたい」と話す。薬剤師が長く勤めれば薬局の“顔”になり、患者の安心につながる。「正社員を雇うには人件費がかかるが、会社全体の利益がはるかに上回る」とみている。

静岡新聞社