ここから本文です

“神ってる”再び!広島・誠也がサヨナラ弾「最高で~す!!」

6/15(木) 7:00配信

サンケイスポーツ

 (セ・パ交流戦、広島7x-6オリックス=延長十二回、2回戦、広島2勝、14日、マツダ)手荒いウォーターシャワーの祝福を受けて、ユニホームはびしょびしょになった。延長十二回に広島・鈴木がサヨナラ弾となる15号ソロ。同点弾、拙守、そして最後に一発…。ちょうど1年前のオリックス戦で“神ってる”で大ブレークした男が、今年もオイシイところを持っていった。

 「最高で~す!!」

 今季2度目のお立ち台で決めゼリフを絶叫。6-6で迎えた延長十二回の先頭でオリックス・佐藤達の外角153キロをコンパクトにスイング。打球は左中間スタンドへ突き刺さった。

 二回に14号ソロを放ったものの、八回一死の守備では伊藤の打球をファンブル(記録は安打)。その後、ロメロの3ランを浴びて延長戦にしてしまった。「ライトが目に入ってしまいました」と反省し、自らのバットで決着をつけてみせた。

 まるでリプレー映像のようだ。昨年6月17-19日のオリックス3連戦(マツダ)では打率・429、3本塁打、6打点と大暴れ。1、2戦目に連続でサヨナラ弾を放ち、緒方監督をして「今どきの言葉で言うなら『神ってる』」と言わしめた。25年ぶりにセ・リーグ優勝を果たしたカープを象徴する言葉となり、流行語大賞にも輝いた。そして今年も猛牛戦で主役になった。

 これでオリックス戦は2015年5月29日(京セラ)から8連勝。鈴木について緒方監督は「それ(神ってる)は使わんよ」とニヤリと笑って「最後に4番として仕事をしてくれた」とたたえた。交流戦も10勝4敗として、2年連続の勝ち越しが決定。勝率で並んでいたソフトバンク、オリックスを抜いて単独1位に浮上した。球団初の交流戦最高勝率も視界に入ってきた。

 スタンドには泣き出すファンも。「夜遅くまで残ってくれたファンの前で打てて良かったです」と鈴木。マツダの夜空へ豪快な一発。やっぱり神ってるぅ~!!

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 14:25