ここから本文です

大和郡山・矢田寺でアジサイ可憐に見頃 奈良

6/15(木) 7:55配信

産経新聞

 「あじさい寺」の愛称で親しまれる大和郡山市の矢田寺で、色鮮やかなアジサイの花が見頃を迎えた。大勢の家族連れらが訪れ、写真を撮影したり、境内をゆっくりと散策して楽しんでいた。

 同寺では参拝客に楽しんでもらおうと、昭和40年ごろからアジサイを植栽。約2万5千平方メートルの境内には現在、60種の約1万株が植えられている。来月上旬まで、品種ごとに徐々に見頃を迎えるという。

 時間の経過で色が変化する「ベニガクアジサイ」や小さな花びらがかわいらしい「三河ちどり」などが咲き誇っており、大和高田市の無職、小島富雄さん(66)は「小さいものから大きなものまでいろんな種類があり、じっくり楽しむことができた」と話していた。

 「アジサイ園」開園は7月10日まで。入山料は大人500円、小学生200円。問い合わせは矢田寺寺務所(電)0743・53・1445。

最終更新:6/15(木) 7:55
産経新聞