ここから本文です

外相候補の聴聞報告書 国会に17日までの採択要請=文大統領

6/15(木) 14:02配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、外交部長官候補の康京和(カン・ギョンファ)氏に対する人事聴聞報告書を17日までに採択するよう国会に要請した。青瓦台(大統領府)関係者が伝えた。この期日までに採択されない場合、翌18日に康氏を新政権の初代外交部長官に任命すると見込まれる。

 閣僚の任命には人事聴聞会を経る必要があるが、野党の反発により、康氏に対する聴聞報告書は法が定める期限である14日までに採択されなかった。この場合、大統領は10日以内の範囲で期間を設け、採択を再要請することができる。その期間にも採択されなければ任命が可能だ。

最終更新:6/15(木) 14:06
聯合ニュース