ここから本文です

サウサンプトンのピュエル監督が解任…今季は吉田麻也を主軸として起用

6/15(木) 7:04配信

GOAL

サウサンプトンが14日、クロード・ピュエル監督を解任したことを発表した。

元リヨンのピュエルは、2016-17シーズンからチームを率い、プレミアリーグで8位、そしてEFLカップで決勝進出を果たした。しかし、クラブは突如同監督に任期終了を告げ、以下のような声明を公式サイトで発表している。

「サウサンプトンはピュエルとの契約を終了した。サウサンプトンにいるすべての人が、クロードが見せた今年のハードワークに感謝している。シーズンのハイライトはEFLカプの決勝で、ウェンブリーで行われた試合の思い出はファンにとって宝物になったことだろう。クロードの幸運を祈っている。チームは正しい道を歩む上で、いい人材を見つける自信がある」

ピュエルは2016-17シーズン、ディフェンスラインに相次ぐ離脱者が出たこともあり、吉田麻也を主軸として起用。吉田はチームの中心選手に成長し、サポーターからも高い評価を受けるまでになった。吉田にとって恩師とも言える指揮官の更迭はどのような影響をもたらすだろうか。

GOAL

最終更新:6/15(木) 7:04
GOAL