ここから本文です

田んぼの感触に歓声 神奈川・厚木

6/15(木) 7:55配信

産経新聞

 子供らに四季を感じながら地域文化に親しんでもらおうと、厚木市は同市猿ケ島の田んぼで、地元の小学生らを対象に田植え体験を行った。児童や保護者ら約30人が参加し、地域住民の指導を受けながら、泥にまみれて苗を植えた。

 同事業は豊かな自然環境を生かし、「地域が一体となって子供を育てる」ことを目的に昨年から始められた。

 子供らは田んぼに入ると、「ぬるぬるしてる」「カエルがいた」などと歓声を上げながら、田植えを行った。弟と一緒に参加した古性姫菜さん(9)は「歩くのが大変だったけど、普段、田んぼに入れないので楽しかった」と笑顔で話した。

 植えられた苗は10月に稲刈りと収穫祭を行う。

最終更新:6/15(木) 7:55
産経新聞