ここから本文です

神楽坂の路地裏に肉居酒屋「肉の五合」 宴会メニューに「マンガ肉」も /東京

6/15(木) 13:35配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 神楽坂上交差点近くの路地に肉料理をメインにした居酒屋「肉の五合」(新宿区岩戸町、TEL 03-6280-8190)がオープンして1カ月半が過ぎた。経営は神楽坂を中心に飲食店を展開するダディーフィンガー(神楽坂3)。(市ケ谷経済新聞)

宴会メニューの一品「マンガ肉」

 場所は「豆マス」跡。同社が経営する魚料理をメインにした居酒屋「ろばた 肴町 五合」(神楽坂4)の兄弟店として開いた。古民家を改装した店内には、1階にカウンターメインの客席、2階に個室2室を配置。席数は、1階=18席、2階=20席。2階客席は系列各店舗の別館としても使うことも可能。

 肉や野菜などは九州の食材を中心に使う。主なメニューは、「馬刺し」(1,380円)、「桜ユッケ」(980円)、黒毛和牛の「赤身三種焼き」(2,980円)、「とろける牛タン煮」(1,580円)、「豚巻き野菜焼き3種盛り」(780円)など。ドリンクメニューは、常時4種類を提供するクラフトビール(各790円)、酎ハイ(480円~)、果実酒(580円~)、地酒(650円~)など。

 3つの宴会コース(4,500円・5,300円・6,500円、それぞれ2人前から)も用意しており、6,500円のコースでは漫画に出てくる肉をイメージした「マンガ肉」も提供。宴会コースの場合、酒類の持ち込みも可能。オープン記念として現在、2時間飲み放題を290円で提供している(期間限定、宴会コース注文時のみ、価格は全て税別)。

 「2階は自分の家で飲むような感覚で、1階は肩肘張らず気軽に一杯だけでも使っていただければ」と代表の志小田亨さん。「(2階は)家で飲み会をやりたいが準備や片付けが面倒、においが気になるというときにも使っていただければ」と笑顔を見せる。

 営業時間は18時~翌1時(日曜は15時~22時)。月曜定休。今後変更の可能性あり。

みんなの経済新聞ネットワーク