ここから本文です

チャーリー・シーンとウーピー・ゴールドバーグが共演、9.11描く人間ドラマ公開

6/15(木) 13:00配信

映画ナタリー

「プラトーン」のチャーリー・シーンと「天使にラブ・ソングを…」のウーピー・ゴールドバーグが共演した「9/11」が「ナインイレヴン 運命を分けた日」の邦題で9月9日より東京・新宿武蔵野館ほかにて全国公開される。

本作は、2001年9月11日に起こったアメリカ同時多発テロ事件を、標的となったワールドトレードセンターの内側から描いたヒューマンドラマ。シーンが妻たちとともにエレベーターに閉じ込められた実業家ジェフリー、ゴールドバーグがジェフリーたちを励まし続けるオペレーターのメッツィーを演じる。ほか出演者にはジーナ・ガーション、ルイス・ガスマン、ウッド・ハリス、オルガ・フォンダ、ジャクリーン・ビセットらが並ぶ。

監督を務めたマルティン・ギギは「16年前、この悲劇を通して、私たちは同じ感情を分かち合いこの国は団結した。でも今私たちはそれを忘れかけています。だからこそ、いまこの映画、物語に挑戦してみたかったのです」とコメントを寄せている。

(c)2017 Nine Eleven Movie, LLC

最終更新:6/15(木) 13:00
映画ナタリー