ここから本文です

ハイブリッドの消防指揮車=静岡市消防局〔地域〕

6/15(木) 10:39配信

時事通信

 静岡市消防局は、ハイブリッドの消防指揮車1台を今年から導入した。昨年から始まった消防広域化に合わせて長距離走行の燃費向上を狙って採用した。火災現場への投入はまだだが、各地で行われる訓練や式典で活躍している。

 消防指揮車は、大規模災害などの際、消防幹部が現場で指揮を取り、隊全体の消防力や士気を上げるために出動する。

 静岡市の消防指揮車は、トヨタ自動車の高級乗用車「クラウン」の「ロイヤルサルーン」を消防用に改造。これまで1995年に導入した指揮車を使用していたが、消防広域化に合わせ約22年ぶりに切り替えたという。

 青山雅行消防局長は「新指揮車を活用し、拡大した管轄区域の各種災害に備えたい」と意気込みを語った。 

最終更新:6/15(木) 11:23
時事通信