ここから本文です

オール阪神・巨人 満身創痍で三夜連続ライブ 阪神はメニエール、巨人は頸椎手術

6/15(木) 12:50配信

デイリースポーツ

 漫才コンビのオール阪神・巨人が単独ライブ「三夜連続漫才」(7月28~30日、大阪・YES THEATER)を開催することになり15日、大阪市内で会見した。

【写真】昨年は31年ぶりの上方漫才大賞

 オール巨人(65)は3月30日に頚椎の骨を削る手術を受け、現在も右腕を20秒ほどしか上げられない状態。オール阪神(60)も同時期に、メニエール病で倒れ入院していたという。満身創痍(まんしんそうい)の2人だが、昭和の名コンビ、中田ダイマル・ラケットが1978年に行った伝説の独演会「中田ダイマル・ラケット 爆笑三夜」に倣った3日連続ライブを敢行することになった。

 阪神は現在も左耳がほとんど聞こえず、客の歓声が認識できないため、巨人の声を頼りに漫才をしている状態だという。巨人は「一番心配なのは、どこかで阪神君が倒れないかということ」と心配し、阪神も「イベントの時に症状が出ないかが心配」と話した。

 症状について阪神は「ずっと雑音が聞こえるような症状で、めまいがする。景色が逆さまに見える。巨人君には、僕が漫才中に『回った!』と言ったら、舞台を降りてくれ、と打ち合わせている」と明かした。

 退院後の2カ月間で、雑音が聞こえなかった日はたった1日と苦しんでいるが、今は薬も飲んでおらず、仕事は普通にこなす。三夜ライブ期間中は念のため薬を服用するという。

 ライブでは「新婚旅行」「卒業式」「お医者さん」など、芸歴43周年の中から厳選したネタを1日3本、計9本披露する。ゲストには桂南光(28日)、桂文枝(29日)、大平サブロー(30日)を迎える予定。