ここから本文です

<障害児入所施設>浴槽で小3男児おぼれ死亡 大阪・太子町

6/15(木) 13:19配信

毎日新聞

 14日午後6時50分ごろ、大阪府太子町山田の障害児入所施設「四天王寺太子学園」で、「男児が浴室でおぼれた」と職員から119番があった。救急隊が駆け付け、入所する小学3年の男児(8)を意識不明の状態で救急搬送。男児は15日未明に搬送先の病院で死亡した。大阪府警富田林署が詳しい状況や死因を調べている。

 富田林署などによると、男児は他の児童約15人や職員3人と入浴していた。様子がおかしいのに気付いた職員が浴槽から引き上げ通報。脱衣所で職員から心肺蘇生を受けていた男児を救急隊が搬送したという。

 施設を運営する社会福祉法人「四天王寺福祉事業団」(大阪市天王寺区)の職員は「男児が亡くなったことは把握しているが詳細は分からない」と話した。【高嶋将之】

最終更新:6/15(木) 15:16
毎日新聞