ここから本文です

体罰で甲府工教諭戒告

6/15(木) 7:55配信

産経新聞

 県教委は14日、県立甲府工業高校(甲府市塩部)の43歳の男性教諭が今月7日、部活動で男子生徒に体罰を行ったとして、14日付で戒告の懲戒処分としたと発表した。

 県教委によると、男性教諭は監督を務める運動部を指導中、態度が悪かった生徒にグラウンドで「集中してやれ」などと2度、注意したが、改まらなかったため、生徒の尻を1回蹴ったという。

 その後、部室に向かった生徒に練習に戻るよう促したが、聞き入れなかったため、部室内で右の平手で生徒の左頬を2回たたいたとしている。生徒に目立った外傷はなく、8日も練習に参加したという。

 生徒の保護者が同日、県教委に指摘。学校が教諭に確認して体罰が発覚した。

最終更新:6/15(木) 7:55
産経新聞