ここから本文です

【DeNA】浜口、球団初の新人交流戦3勝

6/15(木) 6:05配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 DeNA5―2ロッテ(14日・横浜)

 ドラ1左腕が、球団史に名前を刻み込んだ。浜口が6回途中1失点で今季5勝目。12球団トップタイの交流戦3勝目で、新人の交流戦3勝は球団史上初だ。しかも、石田も今永もできなかった快挙を無傷の3戦3勝で成し遂げた。それでも「野手の方に点をもらって、リリーフの方に抑えてもらっている。勝たせてもらっているという感じ」。控えめに喜びを表現した。

 初めてづくしだった。今季11試合目の登板だが、日程の都合でビジターが多く、ハマスタはこの日が2試合目。本拠地初勝利で、初のお立ち台に上がった。スタンドがベイスターズブルー一色に染まる景色を目にして「すごいですね。ビックリしました。もっとこの場所に上がれるように頑張ります」と決意を新たにした。

 練習はウソをつかなかった。4月25日の阪神戦(甲子園)で2勝目を挙げてから約1か月勝てなかった。その間に意識したのは「しっかりと練習すれば、自信が持てるはず」だった。新人であれば疲れも出てくる時期だが、練習量を減らすこともなく、与えられたメニューを黙々とこなした。木塚投手コーチが「勝っても負けても練習に取り組む姿勢が変わらない。そこが彼の強さ」と評価するひたむきさで、長いトンネルを抜け出した。

 交流戦に入った途端、別人のように3連勝。早いカウントから積極的に振ってくるパ・リーグの野球が、チェンジアップを武器とする浜口の投球スタイルにハマった側面もあるが「相手どうこうより、しっかり自信を持って腕を振れている」。すっかり自信を取り戻した左腕が、チームの連敗を3で止めた。(片岡 泰彦)

 ◆浜口 遥大(はまぐち・はるひろ)1995年3月16日、佐賀・基山町生まれ。22歳。三養基(みやき)高では甲子園出場なし。神奈川大では神奈川大学リーグ通算20勝をマーク。2年時の全日本大学選手権で準V、3年時に4強入りするなど、2年時から大学日本代表入りした。173センチ、80キロ。左投左打。年俸1500万円。背番号26。

最終更新:6/15(木) 6:05
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/27(火) 19:45

Yahoo!ニュースからのお知らせ