ここから本文です

ジャニーさん誕生日会仕切ったタッキー、1か月前からJr.のSnowManに“店員教育”していた

6/15(木) 8:25配信

スポーツ報知

 14日深夜に放送されたフジテレビ系「TOKIOカケル」(水曜・後11時)に、人気デュオ「タッキー&翼」の滝沢秀明(35)がゲスト出演。タッキー主催で多くのジャニーズメンバーが集まったジャニー喜多川社長(85)の誕生日会のきっかけが、実はTOKIOの城島茂(46)だったことなど、伝説となった誕生日会の秘話を明かした。

 2014年に初めて開催され、15年にはジャニー社長が「20分で帰るつもりだったけど、3時間いました。楽しい会話があって、夢があった」などと語った誕生日会。タッキーが企画し近藤真彦(52)、東山紀之(50)、岡本健一(48)、中居正広(44)らから若手のSexy Zone、ジャニーズJr.まで、約100人が集まったことで話題となった。

 そのきっかけについてタッキーは「元々、僕が言い出しっぺじゃないんです。リーダーなんですよ」と、TOKIOのリーダー・城島の名前を挙げ、「リーダーと中山優馬がバーでたまたまお会いしたらしくて、ジャニーさんの何かで集まれるきっかけがあればいいなあ、みたいな。優馬がぜひやりましょうって言って、僕のところに相談に来たんです」と、企画したのは城島の発言を中山優馬(23)から聞いたことが発端だったことを明かした。

 しかし、当日は国分太一(42)以外のTOKIOメンバーは仕事があり、城島も参加できなかった。唯一、参加した国分が誕生日会の様子を語った。「その時のタッキー、超すごかったからね。インカムつけて『中居さん来ます、中居さん来ます。準備しといてください』って誰かにシーバーで言ってるんだけど、シーバーの相手がまたJr.だっけ?」。「はい、Jr.です。Snow Man(スノーマン)っていう」とタッキー。国分が「最初、Snow Manのこと分かんなかったから、そこの店の店員だと思ったの。前日から打ち合わせしてたんでしょ?」と問うと、「(打ち合わせは)1か月くらい前からです」とサラリ。自身の舞台「滝沢歌舞伎」などに出演している人気6人組ユニット「Snow Man」を、「店員」に間違えられるほどに“育てて”誕生日会に臨んでいたのだった。

 「いろんなタレントが来るから、車を止める場所はここでとか、マネジャーさんには5分前くらいに(インカムで伝えていた)」と、さらに熱い口調で語る国分。「行った人間にしかわかんないけど、もう圧巻!完璧なの、滝沢の仕切りというのが」とまくし立て、「ジャニーさんが座ったら、マッチさんこちらへとか、時間がきたらジャニーさんを違う後輩たちの席へとか」とタッキーの完璧な仕切りっぷりを詳細に説明した。

 聞いていた城島は「次(の誕生日会に)は…」と残念そうだったが、「ありがとうね、本当に」と、言い出しっぺとしてタッキーに感謝の言葉を伝えていた。

最終更新:6/15(木) 20:18
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ