ここから本文です

横澤夏子、水泳「苦手」なのにベストスイマー受賞 プールデート「行けたらいい」

6/15(木) 16:13配信

デイリースポーツ

 お笑い芸人の横澤夏子が15日、「ベストスイマー2017」の表彰式に出席した。水泳は苦手であるにもかかわらずキャラクターが「夏の煌めく水しぶきにピッタリ」という推薦理由での受賞になった。しかし、同時に受賞したモデルの道端カレンは、数々のトライアスロン大会で優勝、入賞歴がある“本物”のスイマー。隣で「こんな私がすいません」と恐縮していた。

【写真】横澤夏子「広瀬すず」目指して「ブルゾンちえみ」に

 同賞は2人のほか、BOYS AND MENの辻本達規、千原兄弟の千原せいじが受賞した。カレンが週に4日、仕事前に4キロから4・5キロ泳いでいるというエピソードが披露された後に、横澤は「卓球一家で育った」、「水泳はちょっぴり苦手」と紹介され苦笑い。先輩のせいじから「水泳、関係ないやないか!」と突っ込まれていた。

 結局、「皆さん、すごく水泳に関わっているにもかかわらず私は苦手という。小学校とか幼稚園のころにスイミングスクールに通ってたんですよ。通っていた時に25メートル泳げるようになった喜びを思い出しながらの受賞なので。とってもうれしい賞をもらいました」とスピーチしたが、司会者からは、スイミングにちなんだネタの要求が。「夏に義務のある女」というタイトルで、「新しい水着買ったから、プール行かないといけないんだよね」と披露し、会場はそこそこの反応だった。ここでもせいじから「こういう場では十分や」とフォローされた。

 交際中の彼氏との「プールデート」の可能性についても「行けたらいいですね」とひと言。せいじからは「彼氏に見せても大丈夫なんかい。プロポーション的に」と心配されたが、「これから頑張らないと」と応じ、「もう遅いわ!」とまたしても突っ込まれていた。ちなみに、泳ぎの腕前はクロールで「50メートルは泳げます」とのことだった。