ここから本文です

永瀬正敏 LiLiCoのラブレター要求に「筆不精だが、頑張る」

6/15(木) 23:54配信

東スポWeb

 俳優の永瀬正敏(50)が15日、都内で行われた主演映画「光」の公開記念イベントに登場した。

 渋く、どこか寡黙なイメージがある永瀬がタジタジになった。ゲストとしてイベントに参加した、タレントで映画コメンテーターのLiLiCo(46)とは初対面。「世の中のイケメンに会ってきたけど。(私を)避けてきたか?」と聞かれ「そんなことない」と及び腰になってしまった。

 恋愛の話題になると、女性MCから“別れた異性に対する思い”という鋭い質問が飛んだ。離婚歴のある永瀬は「俺に聞く、それ?」と大粒の汗をかくしかない。なおもLiLiCoに「結構スパッと(切り替えられる)?」と畳みかけられると、「そうっすね」と応じた。

 同作は第70回カンヌ国際映画祭に出品され、世界的に評価が高い。外国人記者からは“この物語はあらゆる人へのラブレターだ”と指摘されたことが明かされた。

 LiLiCoは、これにギラリと目を光らせ「(私に)本当のラブレターを」と“求愛”。あまりの迫力に、永瀬が「筆不精だが、頑張る」と及び腰になるのも無理はなかった。

 なお、イベントにはメガホンを取った河瀬直美監督(48)がサプライズで駆けつけた。

最終更新:6/15(木) 23:54
東スポWeb