ここから本文です

LINEと「マイナポータル」連携へ 高市総務相「行政窓口身近に」

6/15(木) 16:00配信

ITmedia ビジネスオンライン

 LINEは6月15日、内閣府が運営するマイナンバーポータルサイト「マイナポータル」とメッセンジャーアプリ「LINE」を連携させることで合意したと発表した。連携は2017年内にスタートする予定。

【出澤社長と高市総務相】

 マイナポータルがLINE公式アカウントを取得。ユーザーが公式アカウントにメッセージを送信するなどのやり取りを行うことで、マイナンバーや氏名など個人情報を入力することなく、全国の行政サービスを横断的に検索できるようになるという。法人向けサービス「LINEビジネスコネクト」を活用して実現する。

 子育てサービスを利用する場合、公式アカウントから「渋谷区」と入力すると、渋谷区の子育てサービス一覧が表示され、電子申請用のURLをタップするとLINEからマイナポータルにジャンプ。マイナポータル上で電子申請が行える──という。

 都内で開かれた発表会で、高市早苗総務相は「6800万人の国内ユーザーがいるLINEと連携することで、行政窓口を身近なものにしていきたい」と話した。

 マイナポータルは今秋から、子育て関連サービスを皮切りに本格運用が始まる予定。LINE連携は年内のスタートを予定している。