ここから本文です

創業者の退任検討=94歳の重光氏―ロッテHD

6/15(木) 15:00配信

時事通信

 ロッテホールディングス(HD)が創業者である重光武雄名誉会長の取締役退任を検討していることが15日、分かった。94歳と高齢のため。武雄氏は既に傘下の事業会社の取締役を全て辞めており、HDの取締役退任が決まればグループ経営から完全に引くことになる。

 武雄氏は高齢で正常な事務処理能力に問題があるとして、韓国の裁判所が後見人を立てる必要があるとの決定を下した。これを踏まえ、ロッテHDは武雄氏続投の可否を検討。近く開く取締役会で人事案を決め、月内に開催予定の定時株主総会に諮る。 

最終更新:6/15(木) 17:27
時事通信