ここから本文です

楽天・安楽「慎重に入りすぎた」今季初登板は6回3失点黒星

6/15(木) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇日本生命セ・パ交流戦 楽天2―3ヤクルト(2017年6月14日 神宮)

 楽天の安楽は6回5安打3失点。今季初登板で黒星を喫した。「慎重に入りすぎた」という初回は2死一塁で雄平に左翼線へ先制の適時二塁打。6回は2死からグリーンに右越えソロを浴び、「2アウトからもったいなかった」と反省した。

 開幕2戦目の先発内定後に右大腿二頭筋を部分損傷。3年目の開幕を2軍で迎えた。「悔しい思いがあった」と必死でリハビリ。復帰戦は最速146キロ止まりだったが、甲子園で快速球で鳴らした目標の先輩でもある由規との投げ合いで、しっかりと腕を振った。

 連勝は3で止まったが、梨田監督は「(安楽は)まずまず。久しぶりにしてはいいボールだった」と及第点。「ケガをしたから今があるという投球をしたい」。安楽のシーズンがようやく始まった。

 ▼楽天・茂木(5回守備から途中交代)疲労で体がちょっとだるい感じだった。