ここから本文です

<サッカー>カタールが「国家元首Tシャツ」波紋 W杯予選

6/15(木) 18:32配信

毎日新聞

 ◇「断交抗議」? 韓国戦前のウオーミングアップで着用

 【カイロ篠田航一】サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選で、カタール代表チームが首都ドーハで行われた13日の韓国戦を前に行ったウオーミングアップの際、国家元首・タミム首長の似顔絵がデザインされたTシャツを着用したことが話題になっている。

 サウジアラビアなどから国交断絶を通告されたカタールでは現在、首長支持を意味するこのシャツがサウジなどへの「抵抗の象徴」(衛星テレビ局アルジャジーラ)とされている。前半25分には、先制点を挙げたMFハイドス選手が観客に向かってTシャツを掲げる場面もあった。

 だが国際サッカー連盟(FIFA)は政治や宗教に関するメッセージを許可なくシャツに載せることを禁止しており、AFP通信は「FIFAから処分を受ける可能性がある」と伝えた。

 これに対しカタールのフォサティ監督は試合後、「処罰される理由は見当たらない。シャツには誰かを敵視するような内容は何もない」と選手たちを擁護した。

 予選A組のカタールはこの日、3-2で韓国に勝利した。カタールは2022年W杯の開催国。

最終更新:6/15(木) 18:47
毎日新聞