ここから本文です

鈴木啓太氏&岩政がトークイベント 7月「Jワールドチャレンジ」

6/15(木) 17:32配信

デイリースポーツ

 Jリーグは15日、東京都内で「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017トークイベント」を開催した。Jリーグワールドチャレンジは、7月15日に浦和がドイツ1部のドルトムント戦を、22日に鹿島がスペイン1部のセビリア戦を行う国際親善試合。この日は、Jリーグの原博実副理事長(58)、鹿島OBの岩政大樹(35)=東京ユナイテッド、浦和OB鈴木啓太氏(35)がトークセッションを行った。

 あいさつに立ったJリーグ・村井満チェアマンは「個々のJクラブが世界のトップレベルと対戦することで、日本サッカー界のレベルアップにJリーグが寄与できる」と試合の趣旨を説明。原副理事長は「Jチームはシーズン中。コンディションはいい。勝ってほしい」と訴えた。

 鈴木氏は「海外のチームとやるのは成長させてもらういい機会。自分の物差しが広がっていく。僕自身もいい経験だった」と意義を語ると、浦和-ドルトムント戦は4-3で浦和の勝利を予想。「期待値を込めて(笑)。駒井に右サイドからドリブルで崩してほしい。相手は駒井、関根が嫌だと思う」と2人のドリブラーに期待した。

 岩政は鹿島-セビリア戦を2-3と予想。「プロになって1年目にバルサと、2年目にマンUとやった。プロに入ってすぐにトップレベルを体感できたことは大きかった」と対戦を通しての成長を求めた。