ここから本文です

阪神・福留が先制打 先発のメッセンジャーを初回から援護

6/15(木) 18:38配信

デイリースポーツ

 「交流戦、阪神-西武」(15日、甲子園球場)

 阪神・福留が、先制タイムリーを放った。

 初回1死から大和が四球を選び、高山の一ゴロの間に二進。続く福留が西武の先発右腕、十亀の内角高め直球を振り抜き、右前適時打とした。

 4番として結果を出した主砲は「先制のチャンスの打席でしたし、後ろにつなぐことを考えて打ちにいきました」とコメント。

 指を痛めているとみられるが、4試合連続安打と不屈の闘志で打線を鼓舞している。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 7:25