ここから本文です

<カタール>米国からF15戦闘機36機調達 1.3兆円

6/15(木) 18:59配信

毎日新聞

 【ワシントン会川晴之】米国の複数のメディアによると、テロ組織への資金援助を理由にサウジアラビアなどが断交に踏み切ったカタールは14日、米国からF15戦闘機36機の調達契約を結んだ。調達金額は約120億ドル(約1兆3000億円)で、マティス米国防長官と訪米中のカタールのアティーヤ国防相が調印した。

 米国は、過激派組織「イスラム国」(IS)をはじめとするテロとの戦いを進める上で、サウジ、カタール両国が加盟する湾岸協力会議(GCC)との連携強化を重視している。戦闘機売却はこの一環だが、サウジとの対立が激化する中での調印にサウジなど湾岸諸国から反発を招く可能性もありそうだ。米議会は昨年、カタール向けの戦闘機売却を承認している。

最終更新:6/15(木) 18:59
毎日新聞