ここから本文です

天下り規制違反疑い27件=「組織ぐるみ」は否定―全省調査

6/15(木) 16:21配信

時事通信

 山本幸三国家公務員制度担当相は15日、文部科学省の天下りあっせん問題を受けて内閣人事局が全府省庁を対象に実施した再就職実態調査の結果を発表した。

 それによると、国家公務員法上の再就職規制違反の疑いがある事案は27件。今後、政府の再就職等監視委員会が詳しく調べることになった。

 山本氏は同日午後、首相官邸で安倍晋三首相に調査結果を報告。首相は「しっかりとした対応策を講じてもらいたい」と指示した。

 この後、山本氏は記者団に「再発防止を図っていきたい」と強調。「文部科学省と同様の組織的な違反は確認できなかった」と説明した。27件に関係する省庁名は監視委の結論が出ていないことを理由に公表しなかった。 

最終更新:6/15(木) 18:54
時事通信