ここから本文です

LINEがマイナンバーのポータルサービスと連携へ

6/15(木) 15:53配信

Impress Watch

 LINEと政府が提供する「マイナポータル」が年内を目処に連携する。15日のLINEのイベント「LINE CONFERENCE」で明らかにされた。

【この記事に関する別の画像を見る】

 会場には高市早苗総務大臣も登場。高市大臣は、マイナンバーを利用して電子申請など行政サービスを利用できる「マイナポータル」と連携することで、行政サービスを身近に感じて欲しいと説明する。

 利用すれば、健康診断、子供の予防接種など行政からの通知をLINEで受けられる。電子申請を利用する場合は、マイナポータルの専用URLが送信され、マイナポータルにジャンプしてから手続きすることになり、LINE側にマイナンバーやユーザーの氏名などが渡ることはない。

 たとえば渋谷区で保育所を探したい場合、公式アカウントの「まいなちゃん」とやり取りし、検索すると保育所の一覧が表示される。そこから電子申請する場合は、申請用URLが表示され、アクセスするとLINEからマイナポータルへ切り替わり、マイナポータル上で電子申請を行う。

 高市大臣は「12月にかけて保育園への申請が利用される時期。ここに向けて一生懸命準備している」と語った。

ケータイ Watch,関口 聖

最終更新:6/15(木) 15:53
Impress Watch