ここから本文です

『バイオハザード:ヴェンデッタ』トーク&“Dolby Atmos”で観る鑑賞会イベントが開催決定

6/15(木) 18:17配信

ファミ通.com

●チケットは2017年6月16日より発売
 2017年5月27日より公開のフルCGアニメーション映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』について、現実さながらのサウンドを演出する“Dolby Atmos”での上映と、トークショーが楽しめる鑑賞会イベントが2017年6月24日に開催される。

 以下、リリースより。

----------

 シリーズ累計販売本数7,700万本を超えるサバイバルホラーゲームの代名詞『バイオハザード』シリーズ。そのフルCG長編アニメ映画最新作『バイオハザード:ヴェンデッタ』興行収入も1億円は突破(公開14日目)し、現在も全国で大ヒット上映中です。この度、ファンの皆さまが、驚異のサウンド?ドルビーアトモス?での上映とトークを合わせて楽しめる鑑賞会イベントを開催します!ミニトークには本作の脚本を担当し、ノベライズも執筆の深見真氏、そし本作で原作監修を務めた小林裕幸プロデューサー(カプコン)をお招きし、本作にまつわるトークを展開します。

★みんなで体験!驚異のサウンド“Dolby Atmos(ドルビーアトモス)”で観る『バイオハザード:ヴェンデッタ』鑑賞会(トークショー付き) 概要★
【実施日】6月24日(土)
【場所】イオンシネマ幕張新都心 スクリーン8
(千葉県千葉市美浜区豊砂1-1 イオンモール幕張新都心グランドモール3階)
【実施時間】12:00の回、上映終了後
【登壇者(予定)】
深見真氏(バイオハザード:ヴェンデッタ 脚本担当) 
小林裕幸氏(カプコン プロデューサー/バイオハザード:ヴェンデッタ 原作監修)
※登壇者は予告無く変更になることもございますのであらかじめご了承ください。
※チケット発売、上映時間などに関する詳しい情報は劇場HP、または直接劇場へお問い合わせください。
イオンシネマ幕張新都心 劇場公式HP
【鑑賞料金】通常料金
【チケット発売方法】
<e席リザーブ>6月16日(金) 午前 0:15より開始(こちらより)
<チケット窓口>6月16日(金) 午前 9:00より開始(劇場営業開始時間より) 

【注意事項】
・e席リザーブでの発売はおひとりさま、6枚までの購入が可能です。 
・パソコン、スマートフォンからも、e席リザーブにてご購入頂けます。
・先着販売となりますため、規定枚数に達し次第販売を終了させて頂きます。
・e席リザーブで完売した場合は、劇場窓口販売はありません。
・転売・転用目的の購入は固くお断り致します。
・場内でのカメラ(携帯カメラを含む)、ビデオによる撮影・録音等は固くお断りいたします。
・お電話でのご予約は承っておりませんので予めご了承くださいませ。

【ストーリー】
 対バイオテロ組織「BSAA」のクリス・レッドフィールドは、ある情報を基に、武器密売組織の拠点である謎の洋館へ突入する。探索の最中、クリスは国際指名手配犯であるグレン・アリアスと対峙するも、信じがたい光景を目の当たりにし、結果アリアスを逃してしまう。一方、元ラクーン市警の特殊部隊「S.T.A.R.S.」の一員だったレベッカ・チェンバースは、現在は大学教授として、「死者が甦り、凶暴化する」という不可解な事件の調査、研究に携わっていた。事件の調査により、「新型ウィルス」が関係していることを突き止めた彼女は、治療薬の開発に成功。その直後、研究所が何者かに襲撃され、レベッカは死の危険にさらされてしまう。協力を求めるため、新型ウィルスが関わる事件を最もよく知る人物、アメリカ大統領直轄のエージェント組織「DSO」所属のレオン・S・ケネディのもとへ向かうクリス。再会を果たした二人は、アリアスの真の目的が“バイオテロ”だと掴み、その策略を阻止する為、彼を追いニューヨークへと向かうのであった。

●エグゼクティブ・プロデューサー:清水崇 『呪怨』シリーズ
●監督:辻本貴則 『THE NEXT GENERATION パトレイバー』
●脚本:深見真 『PSYCHO-PASS サイコパス』
●音楽:川井憲次 『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』
●原作監修:小林裕幸(カプコン) 『バイオハザード』シリーズ
●製作:マーザ・アニメーションプラネット
●配給:KADOKAWA

最終更新:6/15(木) 18:17
ファミ通.com