ここから本文です

LINE、AIでトヨタと協業 2018年に製品化へ

6/15(木) 18:07配信

ITmedia NEWS

 LINEは6月15日、開発中のAI(人工知能)プラットフォーム「Clova」(クローバ)を活用した自動車向けサービスの開発で、トヨタ自動車と協業すると発表した。2018年に音声エージェント機能などを活用した新製品の発売を目指す。

【画像】ClovaとSDLの連携イメージ

 トヨタなどが推進する、スマートフォン向けアプリと車載機器を連携させるオープンソースプラットフォーム「Smart Device Link」(SDL)を活用。ClovaとSDLを組み合わせたサービスや製品開発を両社で推進していく。

 トヨタは1月、SDLを使った車載システムを2018年に商品化すると発表していた。SDLを利用すれば、自動車メーカーごとに異なる車内のナビ画面やステアリングスイッチ、音声認識機能からスマートフォン向けアプリを操作できるという。

 LINEは「ポストスマートフォン、ポストディスプレイ、ポストタッチな世界を目指すべく、『Clova』を用いたさまざまなサービス、プロダクトの開発を推進する」としている。

最終更新:6/15(木) 18:29
ITmedia NEWS