ここから本文です

粉飾協力者に10億円賠償命令=オリンパス、二審も勝訴―東京高裁

6/15(木) 18:27配信

時事通信

 オリンパスの粉飾決算事件で、旧経営陣による粉飾を手助けしたとして、一、二審で実刑判決を受けた元大手証券社員横尾宣政被告(63)=上告中=ら2人に同社が損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(都築政則裁判長)は15日、2人に総額5億円の賠償を命じた一審東京地裁判決を変更し、請求通り10億円の支払いを命じた。

 
 粉飾を手助けした報酬として同社が支払った約22億円の賠償責任を認め、一部の支払いを命じた。一方で、一審は同社が刑事裁判で受けた罰金7億円について2人の賠償責任を認めたが、都築裁判長は「刑罰を転嫁するに等しい」と否定した。 

最終更新:6/15(木) 18:29
時事通信