ここから本文です

病院爆発事件で男拘束=関与認める供述か―タイ軍当局

6/15(木) 18:34配信

時事通信

 【バンコク時事】タイの首都バンコクにある軍関連病院で爆弾が爆発し、20人以上が負傷した事件で、軍当局は15日、元公社職員で電気技師の男(62)の身柄を拘束した。

 軍関係筋が明らかにした。男は事件への関与を認めているという。

 同筋によると、男は軍の取り調べに対し、病院に爆弾を仕掛けたことを認め、「軍や政府、プラユット(暫定首相)が嫌いだ」と供述。バンコクの男の自宅からパイプ爆弾のほか、爆弾の部品が見つかったという。 

最終更新:6/15(木) 18:40
時事通信