ここから本文です

闘いのセオリーをマスターしろ! - 『鉄拳7』キャラ別攻略まとめ

6/15(木) 20:02配信

ファミ通.com

 いざゲームを始めようにも、何から練習すればいいのかわからない、という人もいるのでは? そんなアナタのために、ステップアップの手順を解説! これらの技術を少しずつ学んでいこう。

STEP1 空中コンボを練習しよう
 本作のバトルは、いわゆるジャンケン。攻撃やガードなどの選択肢を読み合い、勝てる選択肢を取ったほうがダメージを与えられる構図になっている。そのため、1回のチャンスで与えられるダメージが高いほど勝ちやすいのだが、そのダメージを高める手段が“空中コンボ”だ。特定の技を当てて相手を浮かせてから、高威力の連続技を叩き込もう。

■ポイント
●空中コンボは『鉄拳』シリーズで最重要
●相手を浮かして、大ダメージを与えられる
●何度も何度もくり返し練習するべし!

STEP2 二択を仕掛けよう
 空中コンボに持ち込むには、浮かせ技を当てる必要がある。では、そのためにはどうするべきか。というところで必要になってくる技術が“二択”だ。これは、しゃがみガードで防げない中段攻撃と、立ちガードで防げない下段攻撃のように、対処方法が異なる複数の技を見せて、相手にどちらを防ぐかを迫る技術。たとえば、当てたい浮かせ技が中段攻撃の場合は、あえて下段攻撃ばかりを何度か狙ってみよう。すると、相手は下段ガードに意識が向くので、そこへ本命の浮かせ技を叩き込むのだ。

■ポイント
●対処方法が異なるふたつ以上の技を意識させて、相手のガードを揺さぶるテクニック
●中段攻撃と下段攻撃の二択が一般的

STEP3 ガードとステップで攻撃を防ごう
 攻撃の仕組みを理解したら、つぎは防御行動を知ろう。絶対に覚えておいたほうがいいのは、相手の打撃技を防ぐガードだ。相手の二択を受けたら、中段攻撃と下段攻撃のどちらかを読んでガードを切り換えるべし。また、ステップで相手との距離を調整することも重要。後ろに下がれば相手の攻撃が届かなくなるため、簡単に技を回避できるのだ。

ほかにはこんな防御行動も
■下段さばき
相手の下段攻撃をいなして、空中コンボを狙う高等テクニック。

■スプリングキック
ダウン時に飛び上がり攻撃を仕掛けて、ダウン後の二択を拒否する。

■横移動
前後の動きではしのぎきれない攻撃は、左右に移動して回避を。

■けん制キック
ダウン後の二択を防止。スプリングキックより出が速くリスクが高い。

STEP4 ダウン状態から起き上がろう
 無防備になるダウン時は、相手にとって攻撃のチャンス。適切な起き上がりかたを身につけることで、その隙はグッと少なくなる。初心者にありがちなのは、ダウン後にとにかくボタンを連打し、横転受け身を取ったところに近づかれて、相手に二択を仕掛けられる状況。オススメの起きかたは後方起き上がり。最初のうちは、これだけでオーケーだ。

■起き上がりと受け身の種類
種類/コマンド/概要
横転受け身/着地時にパンチorキック/横に転がりながら素早く起きる
(オススメ)後方受け身/着地時に←/後方に下がりながら素早く起きる
クイック受け身/着地時に→/攻撃判定のある受け身
その場起き上がり/ダウン中に↑/その場から動かずに起き上がる
(オススメ)後方起き上がり/ダウン中に←/後方に下がりながら起き上がる
横転/ダウン中にLP or↓LP/横に転がりながら起き上がる
起き上がり攻撃/ダウン中にLK or RK/キックをくり出しながら起き上がる

闘いに慣れてきたら
 バトルをより有利に進められるふたつのテクニックを伝授! 基本動作ではないので、最初のうちには覚える必要がないが、上級者を目指す場合は確実に必要となる。徐々に習得していこう。

“置き技”を使うべし!
 相手が二択を仕掛けようとガンガン近づいてくる場合、それを拒否するための行動が“置き技”だ。相手の接近を読んで、技を置くようにくり出すため、このように呼ばれている。使いこなすには、相手との距離や攻撃のタイミング、適切な技の選択などが重要になってくるぞ。

“スカ確”を狙うべし!
 相手の攻撃をスカし、こちらの攻撃が当たるのが確定する状況を“スカ確”と呼ぶ。攻撃を回避すれば、確実にこちらが有利な状況になるため、スキをさらした相手に手痛い一撃をお見舞いしよう。スカ確を狙う場合はステップで後ろに下がり、相手の攻撃を待つように闘うといい。

最終更新:6/15(木) 20:02
ファミ通.com