ここから本文です

中国の幼稚園前で爆発、7人死亡66人けが 保護者らか

6/15(木) 21:55配信

朝日新聞デジタル

 中国国営新華社通信によると、15日午後4時50分(日本時間同5時50分)ごろ、江蘇省徐州市豊県の幼稚園前で大きな爆発があった。同日夜までに7人が死亡、重傷者9人を含む66人のけがが確認された。地元警察などが原因を調べているが、付近の屋台のガスボンベが爆発したとの見方が出ている。

 インターネット上に投稿された動画では、多くの人が現場付近で血を流して倒れている姿が見られた。幼い子供の姿も確認できるが、地元政府は中国版ツイッター「微博」で、「幼稚園は授業中だったため、教師や園児にけが人はいない」と発表した。

 地元メディアによると、爆発が起きた当時は授業が終わる直前で、比較的多くの人が集まっていたという。迎えに来た保護者らが爆発に巻き込まれた可能性がある。

 原因について、徐州市共産党委員会宣伝部は中国メディアに対し、付近で営業していた食べ物の屋台のガスボンベが爆発した可能性を示唆した。ネット上でも同様の目撃情報が流れている。

 近くの商店店主は中国紙に「突然バーンという大きな音が聞こえた。外に出たら幼稚園の門の前で爆発が起きたことが分かった」と話した。江蘇省を管轄する上海の日本総領事館によると、同日夜の時点で日本人が巻き込まれた情報はないという。(上海=冨名腰隆)

朝日新聞社