ここから本文です

アシアナ航空、関空~仁川(ソウル)線にエアバス A350-900型機就航、機内を公開

6/15(木) 17:39配信

Impress Watch

 アシアナ航空は関西国際空港~仁川国際空港(ソウル)線にエアバスの最新鋭機、エアバス A350-900型機(A350型機)を新たに投入、6月15日から運航を開始した。これを記念して報道関係者向けに機内見学会を実施。また、平昌冬季オリンピックを見据え、旅行代理店関係者によるツアーなども実施した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 アシアナ航空が保有するエアバス A350型機は現状では1機のみで、2017年4月に受領したばかり。運航路線としては仁川~香港線、仁川~マニラ線に続く3路線目となる。

エアバス A350型機による運航便(2017年6月15日~10月28日)

OZ112便:仁川(07時55分)発~関空(09時40分)着
OZ111便:関空(10時50分)発~仁川(12時40分)着
OZ114便:仁川(14時05分)発~関空(15時50分)着
OZ113便:関空(17時00分)発~仁川(18時50分)着
※8月14日~9月28日はエアバス A330型機で運航

 同路線はこれまでエアバス A330-300型機で運航されており、「ビジネス」「エコノミー」の2クラスとなっていたが、A350型機では「ビジネススマーティウム」「エコノミースマーティウム」「エコノミー」の3クラスになった。

アシアナ航空のエアバス A350-900型機とA330-300型機の座席仕様

 ビジネススマーティウムはベッド型のフルフラットシートとなっており、1-2-1の4アブレスト。座席の前後長は77インチ(約195.5cm)で、すべての座席が通路に面したレイアウトとなっている。18.5インチの機内エンタテイメント用モニターのほか、読書灯やUSBソケットなどを備えている。

 エコノミークラスの前方に設けられるエコノミースマーティウムは、エコノミークラスと同様のシートながらシート間隔を3~4インチ(約7~10cm)アップ。シート幅が18インチと従来機より広くなっていることもあり、ゆったりとくつろげるスペースが確保されている。また、優先搭乗や仁川空港でのラウンジ利用が可能となっている。同路線では3000円の追加料金で利用が可能と、リーズナブルなのも魅力だ。

 エコノミークラスの座席間隔は32~33インチ。エコノミースマーティウムと同じく11.1インチのエンタテイメント用モニターを備えている。

 そのほか、韓国の航空会社では初めての機内Wi-Fi&ローミングサービスを可能としたほか、騒音の減少、HEPAフィルターを搭載した機内空気循環機能、機内湿度の上昇など、快適な環境を実現している。

 日本発の初便となるOZ111便は、ビジネススマーティウム4名、エコノミースマーティウム36名、エコノミー207名と、約80%の搭乗率となった。

トラベル Watch,安田 剛

最終更新:6/15(木) 17:39
Impress Watch