ここから本文です

<草津白根山>噴火警戒レベル1に 湖面観光3年ぶり解禁

6/15(木) 21:02配信

毎日新聞

 草津白根山(群馬県草津町、2160メートル)の噴火警戒レベルが1(平常)に引き下げられ、同町は15日、山頂の火口湖「湯釜」周辺の立ち入り規制を緩和。3年ぶりに湖面を見物できるようになった。

 2014年6月以降、湯釜から1キロ以内が立ち入り禁止になっていたが、今回500メートル以内に緩和され、約550メートル地点にある展望台は規制外に。湯釜に近いレストハウスや駐車場も近く営業を再開する。

 この日、草津温泉に来たついでに立ち寄った千葉県の男性公務員(44)は「見られてラッキー。秋や冬にも来たい」。同町は「草津の湯は入るだけではない。見る楽しみが復活しました」とPR。【吉田勝】

最終更新:6/15(木) 21:02
毎日新聞