ここから本文です

鈴木亮平「今までで一番質素なグルメもの」と語る「宮沢賢治の食卓」舞台挨拶

6/15(木) 21:35配信

映画ナタリー

WOWOWの連続ドラマW「宮沢賢治の食卓」の第1話試写会と舞台挨拶が本日6月15日、東京・時事通信ホールで行われ、キャストの鈴木亮平と石橋杏奈、監督の御法川修が登壇した。

【写真】「宮沢賢治の食卓」ポスタービジュアル(他13枚)

魚乃目三太のコミック「思い出食堂」に収録されているグルメマンガシリーズをもとにした本作。宮沢賢治の人物像を、彼が愛した食べ物やクラシック音楽を通して解き明かしていく。鈴木が宮沢を演じ、石橋が最愛の妹トシに扮した。

舞台上に出てきた鈴木はまず「元気ですかっ!?」と大きな声で一言。すると鈴木の元気のよさに押されてか、会場からは「元気です」の声がポツポツと上がる。鈴木は「元気ですか。よかったです」と朗らかな表情で挨拶。石橋は「個人的にとても感情移入してしまった作品。京都での撮影からの帰り、新幹線で泣いてしまうほど思い入れがあるので、皆さんに観ていただけるのが本当に楽しみでした」と語る。

グルメドラマである本作について鈴木は「今までで一番質素なグルメドラマ」と述べ、「1話はコロッケで、最終話に至っては雪!」と明かす。「僕らが普段食べているような食べ物が、ドラマを通すとこんなにおいしそうに見えるのかと思わせてくれる作品」とアピールした。さらに御法川は「良質なシリアスドラマを作ることに定評があるWOWOWの中では一風変わった作品。こうして皆さんにお届けできることが何よりです」とコメント。

続いて話は鈴木と石橋の役作りに。宮沢を演じるにあたり参考にした人物は「御法川監督」だと話す鈴木。「熱くてピュアな部分がとても似ていて現場でもよく観察していた」と振り返る。さらに「よーいスタート!という掛け声のとき、監督の気持ちが入りすぎて僕の心理を言っちゃうんです」「よーい! 俺はでくの坊だ! なんもできない! スタート!っていう感じで(笑)」と御法川の現場での様子を語り、会場を沸かせた。

また石橋との共演について鈴木は「彼女の演じるトシが死にゆくシーンの表情が忘れられないんです。杏奈ちゃんの今まで見たことのない顔を見せられて、自分の演技も引っ張られて。すごい素敵な女優さんだなと思います」と話す。石橋からは「本当のお兄ちゃんみたいで、お芝居のことはもちろんですけど、プライベートでもいろんなことを教えてくれました」と仲のよさがうかがえるコメントが飛び出した。

連続ドラマW「宮沢賢治の食卓」は、6月17日よりWOWOWプライムで放送スタート。第1話は無料視聴も可能だ。

最終更新:6/15(木) 21:35
映画ナタリー