ここから本文です

山瀬まみ、「大物は温厚」を教えてくれた人を激白

6/15(木) 11:42配信

スポーツ報知

 タレントの山瀬まみ(47)が15日放送のTBSラジオ「伊集院光とらじおと」(月~木曜・前8時30分)に出演し、18歳の時に共演した大物落語家から教えてもらったことを明かした。

 山瀬は18歳の時に落語家の橘家圓蔵とニッポン放送の「圓蔵・まみのお昼だヨイショ!」で共演した。若いころから売れていた大物落語家の圓蔵は当時、54歳だった。山瀬は「大物は温厚だっていうことを一番最初に気づかせてくれたのは圓蔵さんなんですよ」と明かし、「大物が怖いんじゃなく大物は温厚だから何やっても大丈夫なんです。それを圓蔵さん通して知りました」と話した。

 圓蔵は「めちゃくちゃ優しかったですね。そのころの私はガムシャラだから、何とか出てやらなきゃ自分出さなきゃって必死なころだったんですけどそれをとがめることもなく、すごい優しい人で」と感謝し芸能界では「みんなびびっている人ほど温厚な人多いですよね」と明かしていた。

最終更新:6/15(木) 12:00
スポーツ報知