ここから本文です

IS、タリバン要衝制圧か=アフガン東部で勢力拡大

6/15(木) 18:54配信

時事通信

 【ニューデリー時事】アフガニスタン東部ナンガルハル州選出のザヒル下院議員は14日、過激派組織「イスラム国」(IS)が同州の山岳地帯トラボラをほぼ制圧したことを明らかにした。

 トラボラは反政府勢力タリバンの要衝で、アフガン東部でISの勢力拡大が続いていることが改めて浮き彫りになった。

 ザヒル議員は「ISがトラボラの約8割、(州都ジャララバード南方の)チャパルハルの約9割を制圧した。首都カブールとジャララバードを結ぶ幹線道路の寸断を狙っている」と語った。また、米軍が4月に同州のIS施設に大規模爆風爆弾(MOAB)を投下したことに関し、「外国軍は(投下で)ISが終わりを迎えつつあると言うが、根拠がない」と効果に疑問を呈した。 

最終更新:6/15(木) 19:01
時事通信

Yahoo!ニュースからのお知らせ