ここから本文です

塩谷アルアイン移籍決定!「オマルと一緒にプレーできるのはとてもうれしい」

6/15(木) 13:03配信

スポーツ報知

 UAE(アラブ首長国連邦)1部リーグのアルアインは14日、J1の広島からDF塩谷司(28)を獲得したと発表した。背番号は広島時代と同じ33に決まった。完全移籍で2年契約。14日に本人が出席し、現地で記者会見を行った。

 会見では「日本で、アルアインのキャプテン、オマル・アブドゥルラフマンを知らない選手はいない。アジア大陸最高の選手と一緒にプレーできるのはとてもうれしい」と話した。会見に出席したクラブのアフメド・アルマルズーイ副会長は「塩谷選手がクロアチア人監督のゾラン・マミッチの大きな期待に応えてくれることを願っている」と期待を寄せた。

 UAE1部のアラビアン・ガルフ・リーグは欧州と同じ秋春制で16―17季は5月に閉幕。2季ぶりVを狙ったアルアインは4位と奮わなかった。UAE代表MF、オマル・アブドゥルラフマンら代表クラスをズラリとそろえ、ブラジル人FWドウグラス(元広島)、FWカイオ(元鹿島)らタレントぞろいの攻撃陣を擁し、得点はリーグ2位の58だったが、失点がリーグ5位の37と多く、来季の王座奪回に向け、守備面の整備が必要と判断され、塩谷がリストアップされ、正式オファーを出していた。

 塩谷は昨年、オーバーエージ枠でリオデジャネイロ五輪に出場。日本代表としても2試合に出場。広島も15日に移籍を正式発表。塩谷はクラブを通じて、「今はチームが苦しい状況の中、移籍についてはたくさん迷いました。ただし、一人のサッカー選手として後悔しないように、成長できるようにと考え、決断しました」とコメントした。28日のYBCルヴァン杯プレーオフステージ第1戦、F東京戦(Eスタ)後に壮行セレモニーが行われる予定だ。

 ◆塩谷 司(しおたに・つかさ)1988年12月5日、徳島県小松島市生まれ。28歳。徳島商高から国士舘大をへて、2011年にJ2水戸入り。12年8月にJ1広島へ移籍した。14年10月の親善試合、ジャマイカ戦で日本代表デビュー、15年アジア杯の日本代表。16年にはリオデジャネイロ五輪にオーバーエージ枠で出場。14~16年Jリーグベストイレブン。J1通算140試合17得点、J2通算60試合5得点。国際Aマッチ2試合出場(無得点)。182センチ、75キロ。血液型O。

 ◆アルアイン 1968年創立。ホームタウンはアルアイン。リーグ優勝12回。アジア・チャンピオンズリーグでは2003年に優勝、2005、16年準優勝。元鹿島のFWカイオ、元広島のFWドウグラスに加え、16年にアジアサッカー連盟最優秀選手を受賞したUAE代表MFオマル・アブドゥルラフマンらUAE代表が多数所属。ホームはハッザーア・ビン・ザーイド・スタジアム(2万2717人収容)。監督は旧ユーゴスラビア出身のゾラン・マミッチ氏(45)。

最終更新:6/15(木) 17:21
スポーツ報知